「荒船山の絶壁、艫岩」
撮影:堀内弘栄,2011年12月03日,荒船山北方

  目の前に垂直の岩の壁が立ちはだかっている。これは荒船溶岩と呼ばれ、荒船山の形をづくる安山岩溶岩。およそ750万年前に流れたもので、肉眼では結晶が見えにくい、真っ黒なガラス光沢のある安山岩である。撮影場所のここ国道254号線沿いは、数百万年前まで荒船溶岩で覆われていた。その後、浸食によって現在の崖まで後退した。 (現地案内板を参照)