「噴煙をあげる新燃岳」
撮影:K. Suzuki, 2011年3月,宮崎県都城市高千穂牧場

 新燃岳は、去年(2011年)1月に比較的規模の大きな軽石噴火を起こしました。その後、時々爆発をしながらも、落ち着いた状況が続いていますが、山体直下へのマグマの供給は続いており、今後も警戒が必要です。この画像は南側の高千穂牧場からの眺めです。