「活発だった日本海の海底火山」
撮影:t_saitou,2012年5月1日,佐渡市沢崎

 佐渡ヶ島の南西・沢崎地区にある、枕状溶岩とピクライト質玄武岩(ドレライト)岩脈の露頭風景です。きっかけは写真家兼火山学者である白尾元理さんの写真集「日本列島の20億年」で紹介されているのを見て以来、佐渡を一度は訪ねてみたいと思っていたのですが、ようやく念願が叶って実物を見る事が出来ました。左奥の黒い小山が神子岩(みこいわ)で、右手前は"たけのこ岩"と呼ばれている、枕状溶岩の岩塊です。ピクライトはかんらん石を多く含んだ溶岩で、写真中央に見える黒い崖の下や、神子岩で観察することが出来ます。火山岩マニアなら、訪ねれば一生の思い出になること間違いなしです。 →画像解説