「明神ヶ岳から金時山を前衛に富士山を観る」
堀内弘栄, 2013年6月, 明神ヶ岳

  箱根火山は、伊豆半島と丹沢山地の間に位置する大型の火山だ。現在の箱根火山は、古期カルデラとそれを取り巻くかつての成層火山の一部からなる金時山、明神ヶ岳、明星ヶ岳、白銀山などの古期外輪山、古期カルデラ内のカルデラ湖である芦ノ湖、厚い溶岩からなる屏風岩、鷹巣山、浅間山などの新期外輪山。新期カルデラを埋め尽くした神山、駒ヶ岳、二子山など中央火口丘から構成される、典型的な二重式カルデラ火山だ。この日は、箱根火山の形成に大きく関与したという平山断層周辺から神山、駒ヶ岳を代表する中央火口丘やプレート境界に位置する国府津-松田断層地形を俯瞰しながら歩いた。