「オヒア・レフアとマウナ・ロア」
K. Matsunaga, 1月, キラウエア・カルデラ

   高4,168mのマウナ・ロアは小生の最も好きな山ですが、いつ写真にとっても丘にしか見えません。手前の赤い花は、火山の女神ペレの嫉妬で引き裂かれ、ほかの神の憐みで一つの木に結ばれたオヒア・レフアの花です。キラウエア・カルデラの淵から撮っています。