「桜島の噴火」
T. Ueno,2012年3月, 桜島黒神

  ここ数年、年に数百回は発生している桜島の噴火(爆発)です。火口から大きな灰色の噴煙が立ち上っていますが、火口の周囲にもモヤモヤした煙や小さな噴煙が見えています。これらは、噴火で飛びだした噴石が落下した勢いで舞い上がった砂ぼこりです。噴石は火口から結構遠くまで届くことが分かります。