「松戸市千駄堀、土屋家石塀」
T. Akashi,1月,千葉県松戸市千駄堀

  この石材は舟運により運ばれて広まったものと思われ、栃木県足利市、埼玉県杉戸町、茨城県土浦市等にも同一石材を用いた石塀が現存する。石材の産地は伊豆下田市敷根築であり、同一石材が切り出された複数の石切り場が現存する。房州石にではこのような細粒の凝灰岩はほぼ産出しない。