「浅間山より2014年御嶽山噴火の噴煙」
朝間健,2014年9月27日,浅間前掛山

   2014年9月27日昼、浅間山・前掛山の山頂に到着した時、御嶽山あたりに淡褐色の雲が発生しているのが目に止まりました。「ひょっとして噴火では?」と撮影しているうち、雲は上に伸びて、間違いなく噴煙だと分かりました。写真は噴煙が最も高くなった時点のものですが、後で計算したところ高さは火口上約2100 m、つまり高度で約5200 mでした。気象庁発表の「7000 m」よりも東京航空路火山灰情報センター(東京VAAC)の修正発表「約5,480 m」の方が実態に近かったと思われます。