「城ヶ島・付加体中の火山砕屑物の互層」
朝間健,12月,神奈川県三浦市城ヶ島

   城ヶ島の西海岸・長津呂崎の地層です。ベージュ色の層と、侵食により強いらしく凸になった黒灰色の層の互層に目を惹かれました。ベージュ色の層は凝灰質シルト岩、黒灰色の層はスコリア質凝灰岩で、約1200〜400万年前に付加体として堆積した三浦層群三崎層です。城ヶ島自体は火山ではありませんが、かつての激しい火山活動がまざまざとしのばれます。