「阿蘇中岳の噴煙」
T. Ueno,2015年3月21日, 熊本県南阿蘇村

  この日は高千穂峡から阿蘇カルデラに到着し、中央火口丘群を眺めるとほとんど噴煙は見えなかったが、草千里火口縁の駐車場に着くと、灰色の噴煙をモクモクと吹き上げる中岳の火口が見えた。この後、しばらく経つとマグマ(火山灰)の関与が減少し、白色噴煙を上げるようになった。期待しながらノンビリ待っていたが、夜になってもストロンボリ式噴火は見られなくて残念。