北海道駒ケ岳


日本火山の会・2009年 火山カレンダー


 火山の会のメンバーから提供された火山画像を基にして、2009年のデスクトップ壁紙カレンダーを作成しました。いくつかの壁紙サイズで作成しましたので、ご自由にダウンロード頂き、ご利用ください。(画像の著作権は撮影者に帰属しますので、個人でのご利用の範囲でお願いいたします。)

更新情報

08/12/29
 6点追加(阿蘇、北八ヶ岳、弥陀ヶ原、美瑛・トムラウシ、三宅、富士)にて2009年版の更新完了。
08/12/23
 6点追加(摩周、伊豆大島、富士、姶良、蔵王、岩手)。
08/12/21
 6点追加(ストロンボリ、開聞、洞爺・羊蹄、富士、樽前、シラス)。
08/12/18
 公開開始


  • 1−3月    圧縮ファイル: SXGA WXGA XGA
  • 4−6月    圧縮ファイル: SXGA WXGA XGA
  • 7−9月    圧縮ファイル: SXGA WXGA XGA
  • 10−12月  圧縮ファイル: SXGA WXGA XGA

  • (圧縮ファイルはlzh形式です。)


    1−3月

    ・「妙高火山」
    ・坂井健 撮影
    ・1月
    ・妙高付近のこの時期は、快晴になる日が少なく、この日も曇っていたのですが、晴れ間を狙って何とか撮影しました。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「雪の高千穂の峰」
    ・鈴木恵三 撮影
    ・1月
    ・霧島矢岳付近から撮影。

    SXGA(1280x1024)
    XGA(1024X768)

    ・「富士山と宝永火口」
    ・小山真人 撮影
    ・2007年3月
    ・南東側から見た富士山と宝永火口。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「錦江湾越しの開聞岳」
    ・井村抄 撮影
    ・2007/3/25
    ・大隈半島の道の駅「根占」より撮影。2006-2007年に約1年間の鹿児島勤務がありました。この写真は鹿児島を離れるにあたり、最南端の佐多岬を訪れた帰りに偶然撮れたものです。夏に開聞岳を間近に見て、その美しさにすっかりとりこになっていたのですが、対岸からその姿を見れるとは思っていませんでしたので、感激でした。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「冬の蝦夷富士」
    ・横山光 撮影
    ・1月
    ・ニセコから見た羊蹄山です。積雪により、山頂火口周辺の地形、南火口(右側中腹)がよくわかります。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「姶良カルデラと桜島」
    ・上野龍之 撮影
    ・1月
    ・姶良カルデラと桜島の夕景。姶良カルデラ北側、国分(現霧島市)のシラス台地の上から撮影。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「伊豆大島」
    ・井村抄 撮影
    ・2006/1/24
    ・東伊豆町、三筋山遊歩道から撮影。この日は雪の降った翌日で、割と視界は良い方の日だったのですが、降った当日の方がもっと良かったのに残念ながら写真を撮っていませんでした。幸いにも来月から同じ現場に行くことになりました。今度は良い写真が撮れる様チャレンジしてみます。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「精進湖からの富士山」
    ・鈴木雄介 撮影
    ・1月
    ・中景の山は大室山スコリア丘。手前は青木ヶ原溶岩流。精進湖北岸より撮影。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    4−6月

    ・「浅間黒斑山と前掛山」
    ・上野龍之 撮影
    ・5月。
    ・槍ヶ鞘から見るトーミの頭(左:黒斑山)と前掛山(奥)。

    SXGA(1280x1024)
    XGA(1024X768)

    ・「夕映えのシラスの崖」
    ・上野龍之 撮影
    ・4月
    ・日に照らされるシラスの海食崖。姶良カルデラ南側の垂水で撮影。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「洞爺湖と羊蹄山」
    ・横山光 撮影
    ・5月。
    ・有珠山から撮影。洞爺湖、中島、羊蹄山、ニセコ連峰(左奥)、尻別山(右奥)、全てが火山です。洞爺湖から羊蹄山までの平らな大地は洞爺火砕流の堆積物でできています。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「蔵王の御釜」
    ・中野優 撮影
    ・5月
    ・ゴールデンウイークに行きました。宮城県側から行ったのですが渋滞がひどくて、到着したのは既に夕方。でも、その後に入った温泉はとてもよかった。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「摩周カルデラ」
    ・鈴木恵三 撮影
    ・6月
    ・対岸にはカムイヌプリ(摩周岳)、湖面にはカムイシュ島が見える。摩周湖の有料駐車場より撮影。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「阿蘇のミヤマキリシマ」
    ・まつしまけいいち 撮影
    ・5月
    ・阿蘇、高岳中腹に咲くミヤマキリシマです。

    SXGA(1280x1024)
    XGA(1024X768)

    ・「残雪と若葉の北八ヶ岳火山列」
    ・大石雅之 撮影
    ・5月
    ・稲子湯北方から見た、残雪と若葉の北八ヶ岳火山列、硫黄岳・東天狗岳・稲子岳。西暦887年または888年に、稲子岳から東天狗岳付近が崩壊し、大月川岩屑なだれが流下した。写真の谷が流下経路である大月川。崩壊の原因が火山噴火なのか地震なのかなど、詳細は分かっていない。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    7−9月

    ・「Viti & Oskjuvatn, Askja, Iceland」
    ・萬年一剛 撮影
    ・8月
    ・アスキヤ火山1875年噴火で出来たカルデラ湖エスキュヴァトン(奥)と、カルデラ噴火の直後の水蒸気爆発火口ヴィティ。

    SXGA(1280x1024)
    XGA(1024X768)

    ・「9月の羊蹄山」
    ・竹内晋吾 撮影
    ・2006年9月
    ・南山麓からの風景。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「屈斜路カルデラ」
    ・宮城磯治 撮影
    ・9月
    ・美幌峠から見た屈斜路湖の中島。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「苗場山」
    ・中野優 撮影
    ・2008年9月28日
    ・あまり火山であることを意識しない山だけど、このような美しい地形と植生ができたのは火山活動のおかげ。このように火山は様々な恵みを与えてくれる。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「北海道駒ヶ岳」
    ・長島茂 撮影
    ・8月
    ・大沼公園から望む北海道駒ケ岳。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「ストロンボリ火山の噴火」
    ・小山真人 撮影
    ・2008年8月
    ・ストロンボリ火山の噴火(夜景)

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「ヴェスヴィオ火山」
    ・小山真人 撮影
    ・2008年8月
    ・ナポリの港とヴェスヴィオ火山。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「弥陀ヶ原」
    ・鈴木雄介 撮影
    ・8月
    ・立山 弥陀ヶ原の空撮。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「美瑛岳とトムラウシ山」
    ・竹内晋吾 撮影
    ・8月
    ・十勝岳登山道途中からの眺め。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    10−12月

    ・「富士山の空撮」
    ・竹内晋吾 撮影
    ・2007年11月
    ・羽田→熊本航路上からの富士山の空撮。

    XGA(1024X768)

    ・「噴煙を上げる浅間山」
    ・竹内晋吾 撮影
    ・2004年11月
    ・夕空に噴煙を上げる2004年秋の浅間山。碓氷峠から撮影。

    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「三宅島の噴煙」
    ・宮城磯治 撮影
    ・2000年12月27日
    ・ 膨大な量の亜硫酸ガスを放出する三宅島の上空約3000mにて。たなびく噴煙の下には青白い霧「硫酸ミスト」があり、西の風に吹かれて、三宅島空港から三池にかけての方向に流されていた。右上の島影は御蔵島である。

    SXGA(1280x1024)
    XGA(1024X768)

    ・「磐梯山櫛ヶ峰と1888年噴火火口壁」
    ・長島茂 撮影
    ・10月
    ・磐梯山弘法清水小屋付近から見た櫛ヶ峰と1888年噴火火口壁。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「霧島大浪池と桜島」
    ・鈴木恵三 撮影
    ・11月
    ・霧島韓国岳より撮影。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「樽前山の溶岩ドーム」
    ・横山光 撮影
    ・11月
    ・東側の樽前外輪山から撮影した溶岩ドームです。ドームの右奥遠方に見える成層火山は羊蹄山。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「岩手山」
    ・長島茂 撮影
    ・10月
    ・八幡平より望む岩手山。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)

    ・「三宅島」
    ・宮城磯治 撮影
    ・2003年10月30日
    ・三宅島から約20マイルほど東離れた高度約900m地点から撮影。三宅島山頂から放出される火山ガスのため,風下となる地域の植生が枯れているのがよくわかる。

    WXGA(1280X800)

    ・「大沢崩れ」
    ・鈴木雄介 撮影
    ・10月
    ・富士山の大沢崩れ。火山体の成層構造がよく分かる。

    SXGA(1280x1024)
    WXGA(1280X800)
    XGA(1024X768)



    火山の会に関するお問い合わせはこちらまで

    火山の会TOPページに戻る