北海道駒ケ岳


標高が高い活火山

1位 富士山(3776m)
日本平から眺める富士山 富士山宝永火口 茅ヶ崎から見る富士山 茅ヶ崎から見る富士山 雲海から頭を出した富士山の空撮 北東山麓から眺める富士山

 世界的にも名の通った説明無用の日本最高峰。最近の噴火は1707年に起こった山腹火口からのプリニー式噴火で、山頂から東方向の地域に大量の火山灰を降らせた。

  • YAHOO!地図情報・富士山
  • 地質調査総合センターによる日本の第四紀火山・富士山
  • 地質調査総合センターによる富士山登山 火山観察ガイド
  • 静岡大学小山研究室による富士山の解説
  • 日本大学・地球システム学科による富士山観測プロジェクト



  • 2位 御嶽山(3067m)
    八ヶ岳から遠望した御嶽山 北東から空撮した御嶽山 田の原からの御嶽山 御嶽山山頂 王滝山から御嶽山山頂を見る


     信濃の山奥に鎮座する御嶽山は、昔から霊山として名高く、今でも白装束をまとった登拝者で山は賑う。最近の噴火は1991年の地獄谷での水蒸気噴火。

  • YAHOO!地図情報・御嶽山
  • 地質調査総合センターによる日本の第四紀火山・御嶽山
  • 地質調査総合センターの中野さんによる御嶽火山の解説



  • 3位 乗鞍岳(3026m)
    乗鞍高原から仰ぎ見る乗鞍岳 北東から空撮した乗鞍岳 肩の小屋付近から乗鞍岳剣ヶ峰

     山頂近くまで乗鞍スカイラインが通い、最も手軽に登頂できる3000m級山岳。歴史時代の噴火記録は無いものの、北東側山麓の湯川上流域で噴気活動が活発ゆえ活火山に指定。

  • YAHOO!地図情報・乗鞍岳
  • 地質調査総合センターによる日本の第四紀火山・乗鞍岳
  • 地質調査総合センターの中野さんによる乗鞍火山の解説



  • 4位 白山(2702m)
    室堂平からの白山御前峰 白山トンビ岩から南龍ヶ馬場を見る 白山・御前峰より大汝峰を望む 白山 白山 白山

     山岳信仰で古くから登山の対象となって来た北陸の名山で高山植物の宝庫。古文書の解析によると、最近の噴火は1659年の山頂での噴火。山麓では岩間の噴泉塔など温泉の活動も活発。

  • YAHOO!地図情報・白山
  • 地質調査総合センターによる日本の第四紀火山・白山
  • 白山観光協会による白山登山の情報ポータルサイト



  • 5位 立山(室堂山:約2630m)
    別山から見下ろすみくりが池火口や地獄谷

     立山アルペンルートの最高地点・室堂は立山火山の真っ只中にある。室堂そばのミクリガ池はかつての水蒸気爆発による火口。最近の噴火は1836年の地獄谷での水蒸気噴火。現在でも地獄谷での噴気活動が活発。大汝山・雄山といったいわゆる“立山”は、火山噴出物ではない岩石からなるので火山ではない。

  • YAHOO!地図情報・立山
  • 地質調査総合センターによる日本の第四紀火山・立山
  • 地質調査総合センターの中野さんによる立山火山の解説



  • 火山なんでもデータ集TOPへ戻る

    火山の会サイトTOPへ戻る