画像でたどる死都日本


黒い雨とラハール

6月19日02時半頃
ラハール:山間域の土石流

噴火開始約10時間後

雨に流された堆積物が泥流となって襲い掛かる。(第9章,p.334〜335)  解説

6月19日2時30分頃
「ガリ」と呼ばれるV字溝

噴火開始約10時間後

すると、その部分は火山灰の被覆が剥ぎ取られ、そこを起点に下流方向へ浸食が始まって「ガリ」と呼ばれるV字溝を穿つ。(第9章,p.336)解説

6月19日5時29分
富土

噴火開始約13時間後

谷之城トンネルを抜けると、そこは富土の集落だった。(第9章,p.345)解説

6月19日5時38分
灰混じりの雨をかぶった車

噴火開始約13時間後

車のフロントガラスを覆う火山灰。(第9章,p.373)  解説

6月18日午後〜19日朝
日南はまゆう病院

噴火開始10分後〜約16時間後

日南はまゆう病院もとうとうラハールに襲われる。(第10章,p.391〜411)  解説

6月19日
ラハールの堆積物

噴火開始16時間後

一同は三階の天井近くまで水が達した時、水深が八メートルくらいあると思っていたのだが、実はそのうち五メートルは水底に溜まった土砂だったのである。(第10章,p.443)解説

6月19日
鵜戸

噴火開始17時間後

奇跡的に救出された黒木らは,鵜戸港で輸送艦「しもきた」に収容された。解説

6月20日
ラハール:平野域の洪水氾濫

噴火開始?後

ラハールは河川の下流域をも襲った。(エピローグ,p.519)  解説

“噴火からの脱出”に進む←    →“火砕流の残したもの”に進む


本サイトの文章・画像の著作権について
本サイトに関するお問い合わせはこちらから
画像でたどる死都日本TOPへ戻る