北海道駒ケ岳


2011年1月8日(土) 第二回 Volcano Cafe
「火山と文化のつまみ食い」
スピーカー:常松佳恵さん(ジュネーブ大学)



エクアドル・コトパクシ火山での調査にて




 今回のVolcanoCafeは会議室で開催。参加者は総勢22名。


 初めに約1時間ほどかけてお互いを知るための自己紹介を行いました。普段の野外OFF会の際の自己紹介よりもずっと長く、平均するとお一人3分ほどお話し頂いたので、それぞれの方と火山や火山の会との関わりが良く分かる参加者全員によるトークとなりました。学校教育と火山の話から、結婚式と火山、スカイダイビングと火山のお話まで、思いもよらぬ関わりが登場し、とても楽しめました。


 Cafe的な部分では、コーヒーはタワー内にあるお店からの出前で頼み、お茶菓子は参加者個人の差し入れにお任せしました。予想を越えて、多くの方に差し入れを持ってきていただいたので、とても豪華なお茶菓子となりました。


 メインの常松さんのお話では、世界各地の火山の姿、現地調査の様子をたくさんお面白エピソードとともに紹介頂きました。高地の火山での調査の苦労、現場での粒度分析作業と降下火山灰シミュレーションの研究、カナリア諸島の火山での噴気料理、火山灰地帯での農業、火山のないスイスでの火山学研究など数々のお話が印象に残っています。


 VolcanoCafe終了後は船堀タワーの展望室へと上がり、快晴の夕焼けの中で富士山やプロメテウス火山を遠望しました。


 その後は15人の方とともに新年会へと移りました。2時間という短い時間でしたが、火山談議に花を咲かせました。


日時:2011年1月8日(土)13:00〜16:30 
場所船堀タワーホール 401会議室
参加費:一人530円(会場使用料・コーヒー代)

プログラム
13:00-13:15 受付(集金)・会場準備
13:15-14:25 自己紹介タイム
14:25-14:35 休憩

14:35-16:05 「火山と文化のつまみ食い」 スピーカー:常松佳恵さん

16:05-16:10 休憩
16:10-16:20 野外OFF会・VolcanoCafeの今後など
16:20-16:30 後片付け
16:30-16:50 展望タワーからの夕日見物


Volcano Cafeの記録